失敗しないお買い物!タラバガニを注文する際にはココに注目

タラバ蟹を買う際に一番気をつけたい「サイズと重量」

選び方

多くのお店では、このタラバガニのサイズは2Lとか6Lとかといったように“とにかく大きくてボリュームがあります!お得です!”とサイズに重点を置いてアピールしています。

確かにサイズが大きいと食べ応えもありそうに見えますが、サイズばかりに気を取られてしまうと、例えば9Lサイズのタラバ蟹を買ったけど、それほど身入りが良くないなんてこともたま~にあります。(※当サイト紹介のお店はそんなことはありません。)

また、サイズの規格は輸入してくる国や国内の販売店で微妙に違いがあるということ。そのため、ここのお店だと5Lなのにそっちのお店では3Lといったようにバラつきがでてきます。特別お店側がウソをついているわけではないのですが、注文する側にしてみるとちょっと混乱してしまいますよね。

そんな時大切になってくるのが、商品の重量。重さ=身でもあるので、サイズよりも重さに注目して選ぶことを心掛けると、本当に身入りがいいタラバ蟹を買うことができます♪

また、タラバの場合、ひとかたまりになった肩脚(フルシェイプ)で売るのが一般的。ほぼ同じ重量で1肩と2肩入りが売れていたら1肩だけを買うほうがお得になります。重量は同じでも、数量が増えればそれだけ殻等も多くなるので食べられる部分が少なくなってしまいます。

◇ 断然お得!たらばがにを選ぶ際に注意したいポイント まとめ ◇

“格安のビックサイズ”のワナには注意が必要!タラバガニはサイズにとらわれず重さで選びましょう。

同じ1kgサイズであれば、複数の肩脚セットより1肩足を注文する方がお得。同じ重量でも、どうしても食べられない殻部分があるので、数量が多いとそれだけ可食部分が少なくなります。

矢印 ここなら失敗しない!タラバガニ総合ランキングはこちら